2011年8月1日月曜日

マゲシカが減っている(20110728朝日)

先の投稿に勢いづいて・・というわけなのですが(^^;),一昨年に続いて朝日新聞社と協働して?マゲシカのヘリコプターセンサスを敢行しました。詳しくは改めてレポートしますが,
・森も林床も回復していない(特に「十字架」部分は全く緑がない)。
・個体数は見落としを考慮しても300頭に届かない。
・オスとメスがかなり混ざりあっている(森を失ったメスが周囲に分散したようす)。
・一年で最も仔ジカが多く見られるはずなのに少ない。
特に,南部の草地で何カ所か裸地化が認められ,マゲシカだけでなく,島の植生や生物相への(シカの採食圧や踏圧の)悪影響が危惧されます。最悪の場合,工事による土砂流出をマゲシカが助長するおそれも・・。以下にその記事を載せます(朝日さんごめんなさい)。

0 件のコメント:

コメントを投稿